この季節のきもの

0
    GWも快晴に恵まれお出掛けを楽しまれた方々も多いですね
    すっかり初夏の陽気にウキウキしながらも、今頃着る着物のchoiceにお困りではないでしょうか?


    そんなときにお勧めしたいのが
    この片貝木綿や、会津木綿のきものです

    浴衣や、綿絽等夏のきものにはまだ少し早い
    し、何を着たらいいなか迷う時期に是非お試し頂きたい木綿のきもの達
    改まった所ではなくショッピング、美術館巡り、お友達との愉しいランチ等の気軽な女子会等に最適?
    綿素材なのでお手入れも簡単、お家で手洗いも出来るんてす

    格子柄なので博多の縞八寸名古屋帯を合わせました。

    東京国立博物館『茶の湯展』

    0
      1980年に開催されて以来37年振りの開催とあって、平日にも関わらず入り口は列を成し
      その関心の高さを表していました


      唐物と呼ばれる中国からの逸品が揃うなか
      私のお目当ては何と言っても
      『曜変天目茶碗』会場の方々の思いは同じ
      展示ケースの前は人だかりで囲まれ
      なかなか近づけなくて、順番を待ちながら
      間近で見ることができました


      12〜13世紀の中国南宗時代の作品で陶磁器を焼く際の予期せぬ色の変化で瑠璃色の斑紋が現れ、まるで夜空に輝く星のような
      美しさを放っています
      小さなお茶碗の中の小宇宙とでもいえる
      奥の深さ、見る角度で様々な様相に変化します。吸い込まれそうな漆黒の世界でした
      会期は6月4日まで
      曜変天目茶碗は、5月七日まで要注意


      お天気も良かったので
      この日は、泥藍大島の総絣にちりめんの染め帯を締めました


      自撮り中々上手くできませんがこの帯も帯揚げ帯締めも母の愛用品、今はホームに居る母も一緒に出掛けた気分で行ってきました

      小唄の会にお出掛け

      0




        爽やかに晴れた着物日和、
        小唄の会へお出掛けのお客様


        グレーの赤城紬は、無邪気な幼子が目隠し鬼をして遊ぶ姿が描かれでいます
        生紬なので、張りのあるシャキッとした着心地は、この季節に心地よい肌触りを与えてくれます

        帯は、山県出羽の織り座さんの琴糸の八寸名古屋帯
        強い撚りをかけて仕上げられた琴の糸を
        解き、染色した糸を緯糸に使用しています
        丁度三つ編みをほどいたときに髪にウェーブが出る事を思い浮かべてください
        解かれた琴糸は強いウェーブ状態になり
        緯糸が味のあるウェーブを織り上げていきます  その波状の組織はバイヤス状に延びるのでソフトタッチで身体に沿い締めやすさ抜群なんです?
        手放せない珠玉の逸品です

        春の装い

        0


          薄い生なりのベージュに銀鼠色の暈しの入った地色に、蘇州刺繍を施した訪問着です

          さくら、桔梗、菊、百合、梅、など
          百花繚乱の如く小花で、流れを作り
          綺麗な躍動感を感じさせてくれる柄付けに
          なっています
          蘇州刺繍は、およそ2500年前
          中国の呉の時代に絹織物と養蚕を発展させたことから!刺繍が盛んに成りました
          髪の毛一本の3分の1の細さの絹糸で、刺繍され、その細さ故刺繍面が
          盛り上がらず、生地がつれないという特徴
          があります
          身に纏う贅沢さと優雅さを醸し出してくれます

          さくら結ひの会

          0




            先週末土曜日、駒込の浄心寺で、西松布咏師匠の江戸唄と落語の会がありました
            小雨混じりの肌寒い日でしたが
            境内の五分咲きの桜がお出迎えしてくれました
            何でもござれの実力者、布咏師匠、端唄、
            新内、小唄と弾き語りの何とも素敵なこと

            艶っぽく、色気の滲む唄声が何とも堪らなく
            小粋な江戸を肌で感じさせてくださいました
            兎に角、爪弾く三味線の柔らかで奥深い
            音色に心地好く酔わされました

            落語の春風亭正朝師匠の落語もベテランの貫禄で、笑いを誘ってくださりとっても楽しい時間を過ごしました



            さくらの季節
            半襟と帯にさくらを取り入れてさくらの季節をたのしみました


            山正営業日カレンダー

            プロフィール

            profilephoto 最後に更新した日:2020/02/17

            店舗のご案内

            きもの樂布「山正(やましょう)」は母娘二人の小さなお店です。 女性だからこそできるきめ細かいサービスと呉服専門店ならではの品揃えを心がけています。きものを楽しみたい方は気軽に覗いてみてください。 山正のご紹介はこちらを。

            店舗所在地

            東京都目黒区原町1-10-16 目黒線(三田線・南北線)西小山駅より徒歩3分 電話 03-3711-0545

            樂布山正について

            カテゴリー

            ブログのカレンダー

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            << February 2020 >>

            過去の記事

            recent comment

            links

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM