サナギに成りました

0


    先日アップした、青虫くん、無事サナギに成りました❗

    いつ頃蝶に成るのかしら

    青虫くん、3匹居たんですが

    上から、順番にサナギに成りました

    一番下の青虫くんは、1週間位前に、

    一番上のは、もう、10日程前にサナギに成りました❗

    蝶に成る瞬間、みたいです

    見れるかな


    「麻てらす、」「つむぐ」二作品に感動

    0

      「つむぐ」と「麻てらす」

      かねてから念願の観たかったこの

      映画

      どちらも日程や所用でタイミングが合わず

      ずっと以前から見たくても、ご縁が無かったんですが、今日叶ったんです

      それも、一遍に2作品、そして

      吉岡敏朗監督のお話のお話し付きとは、

      もう、なんともラッキー😃💕

      私に観る準備が漸くやって来た「今」ベストタイミングの時を感じました

      午前に「つむぐ」の上映

      さとううさぶろうさんの「いのちが宿る服」作りの姿から、手つむぎ、手織り、天然染めに拘りながらそこで、紡がれる人と人、大地、大自然が一つになっていく


      病を得て命と向き合い自分を生きる

      事で生を全うする患者をじっと見守る医師


      豊かな自然の中で子育てをしながら、魂に訴えかける力強い歌声で語りかけるyaeさん、

      この3人の方々が繋がり、この地球、大自然に抱かれ生かされて、その尊い命をつむぎ、繋いでいくこと 

      10年の歳月を掛けて丁寧に

      人はどお生きるかを追った吉岡監督の映像は

      人の優しさに溢れていました

      午後上映の「麻てらす」

      監督曰く

      縄文時代からずっと日本人と共にあり、

      日本人の生活を支え、生かしてきた植物

      「大麻」は日本人の原点であり、麻には命があり、祈りがあるとおっしゃっていました


      私も織物を扱う仕事を持ちながら、今まで

      大麻について知る機会かなく、「HENP Life」

      の一冊の本に出会い日本人と大麻についての関係を知りました

      この映画の中にも魅力的な方々が登場します

      特に印象に残ったのは九州の五ヶ瀬町では昭和20年まで大麻栽培が行われていたそうで

      その頃大麻の糸うみをしていたお婆さんに

      70年ぶりに糸うみをして貰った時、身体がその作業をしっかり覚えていて、

      なんとも良い表情を浮かべ糸うみ唄も

      出てきました

      そして、全国の神社での御神事に大麻は必要不可欠な存在です

      かつて日本全国で栽培されてた大麻が

      昭和23年に制定された大麻取締法とやらの

      訳の解らない法律により許可なく栽培出来なく成ったのは、縄文から脈々と続いてきた日本の

      大麻文化にとって大きな誤りだと思います

      多くの方々に知って頂きたい大麻を取り上げ

      映画化してくださった吉岡監督に感謝申し上げます

      そして、この映画にも紹介されてる

      青森の民族学者 故 田中忠三郎氏の言葉

      「幸せはくず籠の中にもある」

      「服やものには心がある」

      本とに〜✴

      幸せってそれを感じとれる心だし

      特に手作りのものにはそれを作った人の思いが込められています

      先人たちはそれをちゃんと、感じ知ってたんですね


      とても心地良い感動に包まれた2作品









      オリエンタルホテルTENQOO

      0

        昨日は

        関西の友人二人が上京し、久々に6人が集まり夜景を見ながらの贅沢な時間を過ごして来ました

        オリエンタルホテルTENQOO

        このお店は、たまたまFacebookで

        アップされてとても素敵だったので

        その方から情報を伺い決めました

        この時期のスペシャルメュー

        山陰の素材を使ったコースをお願いして

        宍道湖の大和しじみのブイヨンや、

        島根和牛黒ニンニクソース

        等のお料理とともに27FからのTHE Tokyoの夜景を見下ろしながら、大満足の楽しい😆💕✨時間を過ごして来ました







        今日から9月ですね

        0


          九月の声を聞いて、この暑さもあと少しかな〜〜と期待しつつも、着物も蒸し暑いです

          涼を求めてお店の入り口暖簾を

          鯨から、「流水に桔梗」流水に桔梗に取り替えました❗

          なんとなく秋を感じて頂けたらいいなー




          夏の結婚式へ

          0

            今日も厳しい暑さですが、結婚式へ参列なさるお客様の着付けをさせて頂きました

            今から10年ほど前に結婚式のために誂えて頂きましたが、今回もお役に立て嬉しいです

            流水に花びらが舞い、蒔き糊が雪を思わせ

            涼感を誘う柄です

            帯は墨描きでスッキリと、鶴亀のおめでたい柄が引き立ちます

            付け下げの下は白紋紗の長襦袢、どちらも身体に添う肌合いが、着心地よくて、ご本人も

            気持ちが良いと仰ってました❗

            愉しい時間を過ごされることでしょう



            山正営業日カレンダー

            プロフィール

            profilephoto 最後に更新した日:2019/08/21

            店舗のご案内

            きもの樂布「山正(やましょう)」は母娘二人の小さなお店です。 女性だからこそできるきめ細かいサービスと呉服専門店ならではの品揃えを心がけています。きものを楽しみたい方は気軽に覗いてみてください。 山正のご紹介はこちらを。

            店舗所在地

            東京都目黒区原町1-10-16 目黒線(三田線・南北線)西小山駅より徒歩3分 電話 03-3711-0545

            樂布山正について

            カテゴリー

            ブログのカレンダー

            S M T W T F S
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            25262728293031
            << August 2019 >>

            過去の記事

            recent comment

            links

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM