before〜after❗

0



    去年の暮れに骨董屋さんで見付けた

    岡山県物産品「鳥城彫」の5段箪笥

    漆塗りで古瓦模様のクラシックな柄に惹かれて

    購入👍 ご覧のように可なり使い込んだと見えて取っての部分の塗りが傷んでいました❗

    実は鳥城彫については全く知りませんでしたが箪笥の底に「鳥城彫」のシールがついていました

    色々調べてみると鳥城彫協会が存在していて、

    問合せ画像を送りかなり、古い箪笥だと判明しました 快く修理を引き受けて下さり先程

    仕上がって送られてきました

    こんなに綺麗にお化粧直しをして

    私のところに戻りました

    古瓦模様も鮮やかに蘇り、箪笥も嬉しそう❗

    この取っ手の形は昭和30年代から40年代位

    物だそうで担当の方に依れば見たことのない

    形をしてるそうです

    その頃は

    関西止まりでなかなか関東に出回ることは少ないとかで、どんな経路で東京に渡ってきたのか協会の方も興味深いと仰ってました

    縁有って私のところにきてくれたこの箪笥

    「私の大切物入れ」として仲良くしていこうと思います


    創業60周年記念セール開催

    0



      私が4歳の時、今のこの場所に引っ越して来ました 周りのお店もすっかり変わり当時のまま残っている商店は5本の指で足りるほどに様変わりしてしまいました

      商店街育ちの私は遊び場も商店街、走り回り路地裏に入って鬼ごっこや缶けりしたのを思い出します

      夕方になれば人通りも溢れ肩をぶつけて歩き

      近所の銭湯も顔見知りの人達で賑わっていました それがいつの頃からか生活様式と共に少しづつ変化して、買い物に出て魚屋さん、肉やさん、八百屋さんなど商店の人と会話するという形態が無くなりました

      「今日はこれが、旨いよ〜」「どうやって作るの⁉」こんな会話があちこちに有りました❗


      あ〜書きながらも懐かしいさで一杯❗

      時代の流れには逆らえないけれど

      私はこのお客様との会話を大切にして

      これからも私のやれる範囲で精一杯

      この大好きな仕事を続けていきたいなと改めて思っています

      お店を残してくれた両親そして

      ここまで支えてくださったお客様、

      佳い商品を提供して下さった問屋さん、

      生き甲斐として頑張ってこれた自分に

      全てに感謝してます❤

      ありがとう


      今日から、三月

      0

        桃の節句、ひな祭り🎎の弥生3月ですね


        雛壇の一番上段の女雛が手に持っている、

        檜扇柄の塩瀬染め帯 京都成謙工房作を


        華やかで格調の高く優雅な柄が雛祭りに

        更なる彩りをそえてくれます


        風邪でダウンしてます

        0

          木曜日から風邪引きで発熱、

          お店営業お休みしてます

          インフルではないのですが、やはり熱はキツイ

          頭痛で眠れず久々に辛い日を過ごしました

          営業は勿論ですが予定していたことも全てキャンセルとなり静かに休むしかありませんでした

          昨日からやっと平熱に戻り、今日は食欲もあり3食摂ることが出来ました👍

          ご迷惑をかけてしまいました

          本を読んだりDVD見たりごろごろ生活も悪くなかったです


          畳表草履

          0

            憧れの畳表草履、誂えました

            昨日浅草に仕事で行ったもう一つの目的は

            去年11月にオーダーしておいたこの草履が

            仕上がり足合わせに伺うことでした

            この時に偶然お会いした素敵なグレイヘアーの

            ご婦人は礼装も普段用もこの畳表をご愛用だそうで、足がとっても楽で他の草履が履けないと仰ってました

            その言葉に私も触発されて挑戦

            紬や小紋用のお洒落履きに龍村雨龍間道

            の鼻緒を選びました



            本来草履の第一礼装は畳表に佐賀錦や刺繍等

            布制の鼻緒を付けたものが格調高く、留袖訪問着に履く草履として相応しい装いだそうです

            しかしながら畳表は扱いが難しく、水に大変弱く水溜まりや雨に履くと一度で履けなくなってしまいます❗

            その為今の主流は皮台に刺繍や金銀錦の鼻緒を付けて礼装になさる方がほとんどたと言うことです

            その場で

            右と左の鼻緒を私の足形、足癖にきっちり合わせて頂きました 何回か微調整をして

            足にすくっと馴染む履き心地の良さ❗

            100%晴れの日に履くをたのしみに




            山正営業日カレンダー

            プロフィール

            profilephoto 最後に更新した日:2019/06/15

            店舗のご案内

            きもの樂布「山正(やましょう)」は母娘二人の小さなお店です。 女性だからこそできるきめ細かいサービスと呉服専門店ならではの品揃えを心がけています。きものを楽しみたい方は気軽に覗いてみてください。 山正のご紹介はこちらを。

            店舗所在地

            東京都目黒区原町1-10-16 目黒線(三田線・南北線)西小山駅より徒歩3分 電話 03-3711-0545

            樂布山正について

            カテゴリー

            ブログのカレンダー

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            30      
            << June 2019 >>

            過去の記事

            recent comment

            links

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM