鴎外壮 虹の会

0
    昨日土曜日、上野鴎外壮で、
    江戸唄 西松布咏師匠と花柳千壽文師匠
    による舞踊と三味線江戸唄の会に皆様と出掛けました




    私は鴎外壮は初めて伺いましたが、日本家屋の落ち着きと風格があり、今年で築131年の歴史が有るそうですが、戦禍を免れた事に
    感謝する気持ちに成りました
    ドイツ留学から帰国して、28才で海軍中将赤松則良の娘と結婚し、その持ち家であった
    この場所に所帯を待ったそうです
    そしてこの場所で、鴎外は[舞姫]を執筆したそうです

    正にこの舞姫の間で、[雁]の物語を通して鴎外の人生を辿る
    布咏師匠創作曲 忍ばずの女
    が披露されました
    忍ばずの恋を生きた女お玉と
    忍ぶ恋を生きた男岡田
    情感溢れる布咏師匠の語り口、
    息の合った千尋文師匠の舞、
    語りの宮尾昌宏氏の情熱的な演技

    そして観客と一つになる空気感
    鴎外氏も部屋の片隅で見守って下さってたのではと思います?
    とっても、素敵な?時間でした

    小唄の会にお出掛け

    0




      爽やかに晴れた着物日和、
      小唄の会へお出掛けのお客様


      グレーの赤城紬は、無邪気な幼子が目隠し鬼をして遊ぶ姿が描かれでいます
      生紬なので、張りのあるシャキッとした着心地は、この季節に心地よい肌触りを与えてくれます

      帯は、山県出羽の織り座さんの琴糸の八寸名古屋帯
      強い撚りをかけて仕上げられた琴の糸を
      解き、染色した糸を緯糸に使用しています
      丁度三つ編みをほどいたときに髪にウェーブが出る事を思い浮かべてください
      解かれた琴糸は強いウェーブ状態になり
      緯糸が味のあるウェーブを織り上げていきます  その波状の組織はバイヤス状に延びるのでソフトタッチで身体に沿い締めやすさ抜群なんです?
      手放せない珠玉の逸品です

      さくら結ひの会

      0




        先週末土曜日、駒込の浄心寺で、西松布咏師匠の江戸唄と落語の会がありました
        小雨混じりの肌寒い日でしたが
        境内の五分咲きの桜がお出迎えしてくれました
        何でもござれの実力者、布咏師匠、端唄、
        新内、小唄と弾き語りの何とも素敵なこと

        艶っぽく、色気の滲む唄声が何とも堪らなく
        小粋な江戸を肌で感じさせてくださいました
        兎に角、爪弾く三味線の柔らかで奥深い
        音色に心地好く酔わされました

        落語の春風亭正朝師匠の落語もベテランの貫禄で、笑いを誘ってくださりとっても楽しい時間を過ごしました



        さくらの季節
        半襟と帯にさくらを取り入れてさくらの季節をたのしみました

        晴れの装い

        0




          春の穏やかな陽射しが爽やかな本日
          結婚披露宴にお出掛けのお母様、お嬢様お二人のご家族のお着付け致しました

          お嬢様お二人は、其々の成人式に個性を生かしたお品を選んで頂きました
          久しぶりの振り袖に華やかな気分で嬉しそうにお出掛けに成りました
          お母様はシックな梅幸茶色の訪問着に
          総相良刺繍の袋帯で格調の高い装いに成りました
          春の日に更に華やぎを添える着物姿に私も見とれてしまいました?

          海老蔵さんの助六

          0


            歌舞伎座で上演中の海老蔵さんの助六を
            何時もの皆様と観劇してきました?
            成田やさんのお家芸でもあり、歌舞伎18番のひとつで、粋で最も江戸歌舞伎らしい華やかな美しい演目助六、海老蔵さんのハッキリとした目鼻立ちとやんちゃさが助六そのままに
            舞台を魅了させてくれました?
            華の有る役者さんですね〜??


            助六の演目に因んで、蛇の目傘の小紋を選びました
            先取りの桜の刺繍の半襟で華やぎを
            添えてみました


            帯は揚巻に掛けて、辛子色の地に、揚羽蝶の帯を締めました
            こんな風に、演目に因んで、着物を選ぶのも歌舞伎に行く楽しみの一つです?


            山正営業日カレンダー

            プロフィール

            profilephoto 最後に更新した日:2019/04/03

            店舗のご案内

            きもの樂布「山正(やましょう)」は母娘二人の小さなお店です。 女性だからこそできるきめ細かいサービスと呉服専門店ならではの品揃えを心がけています。きものを楽しみたい方は気軽に覗いてみてください。 山正のご紹介はこちらを。

            店舗所在地

            東京都目黒区原町1-10-16 目黒線(三田線・南北線)西小山駅より徒歩3分 電話 03-3711-0545

            樂布山正について

            カテゴリー

            ブログのカレンダー

            S M T W T F S
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            282930    
            << April 2019 >>

            過去の記事

            recent comment

            links

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM