八月歌舞伎行って参りました

0


    ずっと待ち続けた歌舞伎でしたが

    昨日無事行くことができました

    コロナ禍で、1日の公演は4部制になり、

    本来なら2000人入るところ800人の収容で各回完全入れ替え制でその都度消毒と

    換気を徹底して行われてました


    私達は三部の義経千本桜🌸、吉野山

    猿之助さんの忠信と、七之助さんの静御前

    艶やかな設楽の舞台に静御前の七之助さんの舞姿は華やかで見惚れる程の美しさで目の保養になりました

    伊佐山ではなく、忠信の猿之助さんは

    流石の芸達者、クライマックスでは

    名場面の狐の化身🦊を見事に演じておられました

    いつもの賑わいはありませんでしたが

    歌舞伎好きの皆さまにとっても役者さんにとっても待ちに待った公演となり、拍手👏喝采は言うまでもありません

    久しぶりに歌舞伎






    秋草模様付け下げ

    0

      長かった梅雨が開ければ、猛暑の毎日

      今年は更にマスク装着でかなりの厳しい

      夏になりそうですね


      女郎花、萩、木賊、小菊などの秋草に

      優美な虫籠が描かれた紗織りの付け下げです

      私の大好きな逸品❤

      地色も深い黒紅色で、下の長襦袢の白の透け感が更に涼を誘います


      虫の音に過ぎゆく夏に想いを馳せながら

      秋の夜長を楽しむ古典的な場面が浮かびます

      コロナにも、暑さにも翻弄されず、

      美しい日本の風情に浸りながらこの時期を乗り越えるのも一つの知恵の様な気がしています


      夏のマスク人気です

      0

        梅雨明けと同時に一気に猛暑

        涼しいマスクを求めてお客様がご来店です


        白の綿レースマスクはエレガントで肌を触りも良く、直ぐ売り切れて仕舞うお洒落度

        満点の人気です



        また、カキ氷、豆絞り柄、桃、霰、雪花など、涼感を誘う夏柄も人気

        不織布マスクでいらして、その場で

        手拭いマスクに取り替え

        「わ〜、全然違う〜涼しい」と感激して

        お帰りになる方もいらっしゃいます😊🙆♀💖


        ヘンプ麻100%マスクも根強く売れています

        お好みのマスクでコロナを乗り越えましょう✨🙏👌


        琴糸の帯

        0

          琴糸の帯

          お琴の弦として作られた絹糸を解して

          その畝糸を利用して居りあげらています

          その為帯はバイアス状に伸びる為身体に添い

          とても締めやすく身体に優しい形状になっています

          ご覧の様に琴弦糸(4本の糸が一弦)→コーティングを溶かした糸→解し糸→緯糸として準備された糸→完成

          緯糸に畝のある琴糸を打ち込むのは熟練の技が必要とされ、今では織り手が居なくなってしまいました

          現品限りの貴重なお品です

          是非ご覧下さいませ


          出羽の織座原始布展

          0

            今月29日から1日迄の4日間

            人と自然をつなぐもの

            愛(藍)と苧麻(からむし)

            米沢 「出羽の織座原始布展」

            7月29〜8月1日10時〜18時

            (最終日17時)



            今回特別展示として

            大変貴重な江戸時代の麻帷子

            縹色地鼓梅松流水模様帷子を展示いたします

            (はなだいろじつづみうめまつりゅうすいもようかたびら)

            織座館長 山村幸夫氏のトークショー

            「原始布から自然布の世界にあそぶ」

            大阪日本民芸館、多摩美大、日本家政学会などで精力的に講演活動中の山村氏の楽しいしお話し会です


             7月29,30,31  15時30分〜16時30分

             8月1日(土)10時30分〜11時30分

            各回定員5名(要予約. 無料)


            他にもオリジナル製あふれる

            苧麻布、琴糸織り ぜんまい織り、しな布などのバックやショール、タペストリーなど

            マニアックな品々がお待ちしております


            また、一昨年亡くなられた

            正藍型染め作家 田中昭夫氏の遺作もご覧頂ける特別展示でもあります







            山正営業日カレンダー

            プロフィール

            profilephoto 最後に更新した日:2020/10/30

            店舗のご案内

            きもの樂布「山正(やましょう)」は母娘二人の小さなお店です。 女性だからこそできるきめ細かいサービスと呉服専門店ならではの品揃えを心がけています。きものを楽しみたい方は気軽に覗いてみてください。 山正のご紹介はこちらを。

            店舗所在地

            東京都目黒区原町1-10-16 目黒線(三田線・南北線)西小山駅より徒歩3分 電話 03-3711-0545

            樂布山正について

            カテゴリー

            ブログのカレンダー

            S M T W T F S
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            25262728293031
            << October 2020 >>

            過去の記事

            recent comment

            links

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM