単衣の半襟、帯揚げ

0

    激しい台風が通過して、今日は晴れはしても

    強風が吹いていますね


    関西から上京した友人も予定を変更して

    今朝の新幹線で無事に帰途に着きました

    関西方面の被害が少しでも早く復旧する様に祈るばかりです

    今年は世界的にも天災が多く起こっています

    地球からのメッセージと受け止めて国を越えて環境を改善していく策を地球人として各々が

    小さな事から始める事だと思います


    さて、九月の声を聞いて、秋単衣の季節

    重陽の節句、9日までは暑さも残り夏の着物でも違和感がありませんがそれ以降は

    帯揚げや半襟を替えるとぐっと雰囲気を変え

    易いんです


    上の写真はきんち(絹地)、経シボと言われる生地の半襟です

    腓亮命燭脇韻厳丱轡椶鱗瑤径嗟箸欧任

    半襟も帯揚げも絽ちりめん等の出番ですが、

    半ばも過ぎて、少し秋めいた頃にはこの

    経シボ素材は結構重宝で、融通が効くんです


    4月末から5月、6月初から〜真夏を除き

    9月、10月の初旬に使えます

    所謂合着(あいぎ)という言葉がありますが

    その頃に使えるアイテムに成ります

    こんな、細かく季節を演出することの出来る

    日本人の感性から生まれた物の一つでも有るとおもいます

    お客様からの評判も良いおしなです






    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    山正営業日カレンダー

    プロフィール

    profilephoto 最後に更新した日:2019/07/20

    店舗のご案内

    きもの樂布「山正(やましょう)」は母娘二人の小さなお店です。 女性だからこそできるきめ細かいサービスと呉服専門店ならではの品揃えを心がけています。きものを楽しみたい方は気軽に覗いてみてください。 山正のご紹介はこちらを。

    店舗所在地

    東京都目黒区原町1-10-16 目黒線(三田線・南北線)西小山駅より徒歩3分 電話 03-3711-0545

    樂布山正について

    カテゴリー

    ブログのカレンダー

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    過去の記事

    recent comment

    links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM