文化博物館に行ってきました

0



    新宿文化博物館で16日まで開催中の

    「華やぐ着物」展に行ってきました

    大正から昭和初期の所謂着物文化の黄金時代のきものたちがはっとする美しさで

    私を迎えてくれました❗

    明治維新後、急激に外国文化が日本に入り

    化学染料の普及と「写し糊」と言われる

    型友禅の技法により華やかなきものが大量に生産されるようになり一般庶民にもおしゃれが楽しめるようになりました

    日本の伝統の中に

    ヨーロッパのアールヌーボー、アールデコなどのデザインを取り入れた大胆な柄の着物は華やかで目を楽しませてくるだけでなく、身に纏う女性の心をワクワクさせてくれたことでしょう

    黒地や濃紺、鼠等の濃い目の地色に百合や薔薇が鮮やかに誇らしく描かれ、袖裏からチラリと覗く紅絹の裏地とのコントラストは日本人の

    美的センスの良さを知らしめてくれます


    母はその時代に着物で生活してきた人でした

    紅の「もみうら」の着物も今は懐かし

    箪笥に残っています


    訪問着や打ち掛けの他にも、羊毛素材である

    モスリンに友禅染された子供のきものや長襦袢には花柄は勿論ユーモラスなおもちゃや

    時代を反映した面白い柄が沢山ありました


    また、併設で1F展示室では、大正末期から昭和にかけて絶大な人気のあった秩父、伊勢崎などで作られた「銘仙」の斬新な作品に出合う事が出来ます


    軽くて着やすく値段も手頃なので当時の女性の日常着として人気のあったことは頷けますね

    銘仙は縞柄しか織れなかった点を大正に入ってから「解し織」技法が確立して大胆でモダンなな柄が沢山できるようになったことは画期的でデパートのsaleには最適だったようです


    この銘仙にも紅絹が使われ、羽織の場合は

    羽織裏地には奇抜な友禅柄の

    モスリンや染め羽二重が使われていました

    今よりずっと個性的でお洒落な柄が沢山揃っていてとても愉しい時を過ごしてきました





    今年も銀座寄席

    0


      毎年九月に公演される「銀座寄席」

      ですが、今年は改装工事の為に延期になり、

      昨日開催となり、皆さま方とお出掛けしてきました❗

      懇意させて頂いている、日向ひまわりさん

      の楽屋をお訪ねしてご一緒にパチリ❗

      皆様良い絵顔の秘密は、この写真は古今亭今いちさんが撮ってくださいました🎵


      もうすぐ、師走と言うことで、ひまわりさんの講談は、赤穂浪士

      『三村次郎左衛門 苦心の薪割り

      この季節日本人の心に滲みる忠臣蔵で、ぐぐっと来た後は、ベテラン三遊亭遊雀師匠の色気の有る落語に大笑い

      休憩を挟み、北見伸さんのマジックは、

      皆唖然のトリック❗

      〆は、たい平師匠の古典落語「二番煎じ」

      あっという間の笑って笑って愉しい時間を過ごしました🎵


      今日は立冬

      0

        暦の上では、今日11月7日は立冬


        秋が極まり冬の気配が立ち始める日『暦便覧』では、「冬の気立ち始めて、いよいよ冷ゆれば也」と説明している。言い換えれば秋の極みともいえ,実際,多くの地域ではまだ秋らしい気配で紅葉の見時はまだ。


        秋分と冬至の中間で、昼夜の長短を基準に季節を区分する場合、この日から立春の前日までが冬となる。

        ⤴この様に説明されています


        今年の酷暑の記憶がまだ、新しく、

        涼しさにほっとしてたら、冬の文字が

        出てくる季節に移行してますね


        そんなわけで気分もこの冬の言葉を意識して

        黒地に白の絣ウールの着物、私の冬の定番(笑)❇🎵

        よく母が着てたのを改めて思い出します

        身丈と身幅のサイズが、母とは異なりますが

        そこは、着物の融通のきく利点

        腰ひもの位置や裾の打ち合わせで何とかクリアできます

        それも、着物の面白さ、愉しさです🎵✌🆗⤴



        秋の色

        0


          11月に入り、店頭の暖簾を秋の色目に換えました

          鳶色(とびいろ、黄みの暗い灰赤)の地に、

          梔子色(赤みの鮮やかな黄)の銀杏が映える

          季節感たっぷりの色を目で楽しんで頂けたら、嬉しいです💌💕🎵😍🎵

          カレンダーも既にあと一枚になりました


          段々慌ただしい時期になりますが

          ほっと一息、深まり行く秋を感じては如何でしょうか


          母の大島紬

          0

            母が気に入ってよく着ていた泥藍染めの大島

            麻の葉模様が大きめに織り出されています

            帯は墨黒の地色に黒錆朱色で幾何学模様の洒落袋帯です、金のラメ糸が織り混まれて渋目の華やかさがあるんです


            昨日、高田馬場、染の高孝さんでの墨流し染め体験を楽しんでから、大崎ニューシティ O(オー)美術館

            林メアリー アッサンブラージュ秋の色 蘇れ 古い着物に新しい息吹きを与える喜び 展示会に立ち寄りました


            メアリーさんは、パリの洋裁学校で学び、Cディオール、サンローラン、ギラロッシュ、など

            名だたるデザイナーの元で学ばれ

            1963年三越のオートクチュール指導責任者として、来日、その後日本人男性と結婚しそれ以来🎌に住まわれてるそうです

            そして、日本の着物の素晴らしさに着目し独自の感性で素晴らしい作品を創りだしていらっしゃいます

            ラッキーなことに、会場に在中されていて、お話を伺うことができました

            流暢な日本語で「日本文化は素晴らしいです」と、断言してくださいました

            きものは素材も素晴らしいので、それを使えば良いものが出来るのは当たり前❗創っているときはとても愉しくて肩凝りも無いとのこと

            とにかく生地の素材と柄を十二分に引き出して生かす組み合わせのセンスは抜群です 今はも幻となった大正から昭和初期のきもの全盛時代の凝ったきものがアメリさんの手にかかり、息吹きを吹き替えし蘇っています

            私の着物も誉めてくださり特に帯が素晴らしいとお言葉を頂きました



            大胆な立て涌柄が全体を貫き、その中にオリエントの幾何学模様が織り出されています

            シックな雰囲気を際立たせながらもラメ糸の華やかさが効いてる洒落袋です


            メアリーさんの展示は、今月7日迄

            大崎 O美術館







            山正営業日カレンダー

            プロフィール

            profilephoto 最後に更新した日:2019/02/14

            店舗のご案内

            きもの樂布「山正(やましょう)」は母娘二人の小さなお店です。 女性だからこそできるきめ細かいサービスと呉服専門店ならではの品揃えを心がけています。きものを楽しみたい方は気軽に覗いてみてください。 山正のご紹介はこちらを。

            店舗所在地

            東京都目黒区原町1-10-16 目黒線(三田線・南北線)西小山駅より徒歩3分 電話 03-3711-0545

            樂布山正について

            カテゴリー

            ブログのカレンダー

            S M T W T F S
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            2425262728  
            << February 2019 >>

            過去の記事

            recent comment

            links

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM