洒落着感覚の付下と紬袋帯

0



    昨日の十五夜🌕さんも綺麗でしたが、今日は満月、まん丸お月様がお出ましですね


    墨鼠色地に蓮根で輪違い模様が描かれた

    小紋感覚でお召しになれる付け下げです

    ポップな色使いの蓮根の節が楽しい気分にしてくれます


    真綿糸で織り上げた袋帯は

    軽くて締めやすく結城や大島にも合わせ易い

    洒落袋帯です

    紬地で有りながらも名物裂柄の梅鉢の地紋に金糸の唐草模様が格調の高さを与えてくれます

    秋から冬の季節、



    八掛けのお洒落を愉しむ

    0


      少し前の厳しい残暑がまるで嘘だった様に

      肌寒くお日様が恋しいこの2、3日ですが

      やっと気分も秋モード

      そうです〜秋の着物の出番👘ですね

      真綿糸で織り上げたふっくらホッコリの本結城紬は軽くて暖か〜くて着心地は最高

      源頼朝が愛用したとされ武将が生国に帰る際には必ず一枚持ち帰ったとか

      江戸幕府の奢侈禁止令時には絹ながら木綿の様な風合いの為好んで着られた結城紬

      手紡ぎ、絣手括り、叩き染め、地織

      細かな手作業を幾多も経て、一反仕上げるには裕に半年、細かな絣模様では年単位の月日を要します

      作り手の其々の思いを乗せ、仕上がった一反には、関わった人の祈りにも似た温もりが

      込められてる気がします

      この薄藤鼠色の結城に、無地だからこそ生かせる八掛のお洒落は如何でしょうか?

      長羽織用に仕入れた羽織裏地ですが、

      同じ共色でもあり、紅殻色の鹿子で大胆な桐の葉をデザイン化した図柄は、チラリと裾から覗いた時、ハッとする驚きと以外性で

      してやったりのお洒落度UP💝👍😍🙆♀

      きもの全盛期の大正から昭和初期に掛けて

      きもの文化が華やいだ時代、通人の着こなしは目を見張るものがあった事は計り知れません😊

      八掛や羽裏、長襦袢などの隠れたお洒落は

      ひと様から表だって見えない分、チラ見せ

      のニクイ演出としてきものを大いに引き立て、自己満足度も抜群です😊💖🙆♀

      大いに着物を楽しめるこれからの季節




      八掛けのお洒落を愉しむ

      0



        少し前の厳しい残暑がまるで嘘だった様に

        肌寒くお日様が恋しいこの2、3日ですが

        やっと気分も秋モード

        そうです〜秋の着物の出番👘ですね

        真綿糸で織り上げたふっくらホッコリの本結城紬は軽くて暖か〜くて着心地は最高

        源頼朝が愛用したとされ武将が生国に帰る際には必ず一枚持ち帰ったとか

        江戸幕府の奢侈禁止令時には絹ながら木綿の様な風合いの為好んで着られた結城紬

        手紡ぎ、絣手括り、叩き染め、地織

        細かな手作業を幾多も経て、一反仕上げるには裕に半年、細かな絣模様では年単位の月日を要します

        作り手の其々の思いを乗せ、仕上がった一反には、関わった人の祈りにも似た温もりが

        込められてる気がします

        この薄藤鼠色の結城に、無地だからこそ生かせる八掛のお洒落は如何でしょうか?

        長羽織用に仕入れた羽織裏地ですが、

        同じ共色でもあり、紅殻色の鹿子で大胆な桐の葉をデザイン化した図柄は、チラリと裾から覗いた時、ハッとする驚きと以外性で

        してやったりのお洒落度UP💝👍😍🙆♀

        きもの全盛期の大正から昭和初期に掛けて

        きもの文化が華やいだ時代、通人の着こなしは目を見張るものがあった事は計り知れません😊


        今日から九月ですね

        0


          まだ習いたての笑文字😊でご挨拶

          連日の猛暑にヘキヘキの日々ですが

          今日は薄曇りでギンギンお日様の照りつけが無くて程良い風もあり🍃凌ぎ易いですね


          そうなると、秋単衣のきものへ意識も向いて

          不思議と濃い色目の着物に目がいきます

          十日町吉澤与市の紬です

          縞、蚊絣、格好絣が節のある玉糸で織り出され更に更紗染めが施された手の込んだ逸品です

          暑さの残る季節に科の木の繊維で作られた

          帯を合わせてみました

          タレの部分は縞柄で、太鼓は格子柄

          素朴な自然布が手の込んだ紬を引き立てくれます

          秋の装いにお勧めです


          七歳お祝い着のご注文頂きました

          0

            七歳のお祝い着

            スポンサーのおばあさま、お嫁さん、お嬢ちゃま

            3人でご来店

            どれを選ぶか楽しい時間


            お子さんもちゃんと好みがあって

            大人の言うなりでないところが凄いです

            でも、大人になった時に

            着物を選んだ贅沢な時間とおばあさまの思いは、しっかり記憶に残る筈です

            一昔前はこんな光景が

            結構家庭の場面にあって、

            「呉服屋さんがみえて、反物を畳の上に広げて選んだのよね」とお話を聞くことがあります

            ドラマの中には出て来ますよね

            そんな時間のやり取りの中、

            きもの好み、見立てること、季節の決まり事等自然に着物の知識を身に付けていったのでしょうね

            優雅で、豊で、心躍る時間ですね


            #西小山きもの樂布山正

            #七五三祝い着

            #友禅

            #七歳着物

            #たかはしきもの工房

            #きものが贈るものがたり

            #出羽の織座

            #原始布展

            #田中昭夫藍型染

            #ぜんまい織

            #琴糸帯

            #江戸時代麻帷子

            #菱刺し

            #こぎんざし

            #今年の夏は浴衣deおうち飲み

            #竺仙紬地浴衣

            #博多単半幅

            #博多紗献上半幅

            #浴衣地マスク

            #ヘリ染め浴衣

            #浴衣で夏を楽しみましょう



            山正営業日カレンダー

            プロフィール

            profilephoto 最後に更新した日:2020/10/30

            店舗のご案内

            きもの樂布「山正(やましょう)」は母娘二人の小さなお店です。 女性だからこそできるきめ細かいサービスと呉服専門店ならではの品揃えを心がけています。きものを楽しみたい方は気軽に覗いてみてください。 山正のご紹介はこちらを。

            店舗所在地

            東京都目黒区原町1-10-16 目黒線(三田線・南北線)西小山駅より徒歩3分 電話 03-3711-0545

            樂布山正について

            カテゴリー

            ブログのカレンダー

            S M T W T F S
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            25262728293031
            << October 2020 >>

            過去の記事

            recent comment

            links

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM